www.decaturcitycemetery.org

新幹線等の切符などを大量決済してしまうこと→クレカ現金化を利用せずに、換金目的にてカード決済をすることでも同じと言えます。キャッシュ化する方法を狙ったクレカの決済というものは、クレジットのルール違反扱いとなってしまうため。複数枚の新幹線等の乗車チケットの他切手を購入する等でのカード決済は、時として現金化する目的ではないか??などという風に目をつけられる場合などが考えられるので配慮が必要なのです。さらに、利用時点でキャシング利用額というものが上限になっているカードの場合は新幹線の切符などを決済するだけでカード会社の方から確認の電話が来るというケースがあるため、経済状態が悪い時のカード払いはさせないようにされてしまう模様。キャッシュに窮している時において企てる内容は多くの場合、似たようなものであるのでしょう。クレジットカード会社の立場からみて喜ばしくない使い方をする)一昔前に流行った『永久不滅』といった、クレジットカードの発行会社の立場からみて全然プラスとならないようなルールに違反した使用を行うと、クレジット発行会社から強制失効となってしまうケースがある。ネットで出回ったポイントの不正な搾取等の世に知られていない情報というものがある場合でもそんな行為については間違えなくカード会社の規定に反することであるわけだからまず試さないようにして欲しいと思います。強制没収となったデータについては他のカード会社も知りうる》強制失効させられてしまった場合でもほかのクレジットカードであれば利用できるのであるから、少しなら問題ない?とか考えた方は、今の情報流通社会でその考え方は命取りになる心配があるのです。それは、まず強制没収となってしまうという状態にっなってしまうと、クレジットカード発行会社各社が確認可能な情報機関に強制退会のカード情報が記載されてしまうことによってあなたの信用は大きく下がる場合があるため。所有する1枚ですらカードを強制失効扱いとなると以後クレジットカードでさえも作りにくくなる模様ですし、さらに現在有しているクレジットカードも強制退会させられる可能性もあるでしょう。運良く使い続けられる場合でも更新の時に更新不可となると考えられます。兎にも角にもしつこいほど記載したように失効という処理がされるような利用はまずなさることのないよう規約に則ってクレカをご利用頂きたいと願っています。

Link

Copyright © 1996 www.decaturcitycemetery.org All Rights Reserved.